【レポート】2色刷り オリジナルカードづくり

2月8日(土)~9日(日)の2日間、レトロ印刷JAMにて
レトロ印刷(リソグラフ)の『2色刷 オリジナルカードづくり』を行いました。
ワークショップに参加してくださった方々、ありがとうございました!
まず、オリジナルカードと聞いて、何を思い浮かべますか?

プレゼントに添えるギフトカード、
お誕生日などのお祝い事に添えるおめでとうカード
気持ちを伝えるメッセージカード
ちょこちょこ貯めてご褒美ゲットなスタンプカード…などなど

考えるといろいろなことが出来そうで困りますね!
2月はバレンタインが近いこともあり、スタッフはバレンタインにチョコと一緒に渡す「メッセージカード」を作成しました。

当日は、はたしてみなさんがどんなカードをつくられるのか、
スタッフも楽しみにしていたのですが、それぞれバラバラで見ごたえがありましたよ!

イベントに使われるイラストカードであったり、普段言わないけどせっかくの機会に!ということでバレンタインカードをつくられていたり…。

さまざまなオリジナルカードが見られました!

例えば、こちらの作品!
シャボン玉の混色部分がとてもかわいいですね。

どのお客さまもこだわりがあって、担当スタッフが緊張するくらいでした(笑)
今回の授業は、2色刷りなので二枚のモノクロ原稿を描いていただきまして、その後2階の工場にて全種から紙とインクを選んでいただき、目の前で印刷・断裁をしてお渡しいたしました。
原稿作成はみなさん気合が入っていましたね!
インクは割と早く決まる方が多かったのですが、一番迷っていたのは「紙選び」!
半水性のインクだからこそ、紙との相性も大事になってきます。
イ■
JAMが初めてな方も多くみられていたので、3種ほど紙の候補を選んでもらって実際に印刷した仕上りをみつつ、選んで頂きました。

こうも違うものかと驚かれる方もいれば、みなさんから意見をもらって決められる方もいらっしゃいました。

刷ってみないとわからないのが「レトロ印刷」の面白さです。

今回ご参加いただいた方も、ワークショップに参加したことないけど、
なんだか気になっている!という方もぜひ遊びにきてくださいね! 

一緒に印刷で思いっきり遊びましょう!

----------

シルクスクリーンとレトロ印刷(リソグラフ)のワークショップを毎月開催中!

この記事で気になった点や不明な点がある場合は、
こちらからお問い合わせください。
omise@jam-p.com




コメント